通院等乗降介助

福祉車両 介護保険制度

通院等乗降介助とは?

介護タクシーは、一般的に介護保険サービスのひとつである訪問介護に含まれる通院等乗降介助(つういんとうじょうこうかいじょ)を指します。

介護タクシーは病院から病院までも使えるのかな?

訪問介護なので自宅から病院、病院から自宅までになります。

なるほど。でも病院だけでなく、買い物や役場の手続きなどにも使えればいいのになあ。

 

訪問介護
身体介護

(排泄・入浴・着替え等)

生活援助

(清掃・洗濯・調理等)

通院等乗降介助

(移乗・乗降・移動等)

介助やお手伝いが必要な方の役に立つ

通院等乗降介助は乗務員兼ヘルパーが(通常は単独で)通院等のため、自ら運転する車両への乗車又は降車の介助を行うとともに、併せて、乗車前若しくは降車後の屋内外における移動等の介助又は通院先若しくは外出先での受診などの手続き、移動などの介助を行うとされています。

以前は認められなかった長期ショートステイの利用、レスパイト入院の浸透(家族の休息を目的に、通常のショートステイでは対応できない及び医療的処置が必要な方が利用対象)で、介護保険による移送サービスが利用できないケースも増えています。

ショートステイからの透析通院ケース、レスパイト入院のための移送ケース、小規模多機能型居宅介護に切り替わった利用者の通院ケース、以上はいずれも自費扱いとなります。

今後の通院等乗降介助

今後通院等乗降介助の必要性は増していくのでしょうか?需要が全く無くなることはありませんが、私は徐々に少なくなっていくと予想しています。

事実、私の事業所の利用件数は減少、右肩下がり、前年同期を上回るケースは皆無と言っても過言ではありません。

2019年10月の消費税増税の際、介護報酬の改定が予定されていますが、厚労省からの情報によると通院等乗降介助の報酬は据え置かれることがほぼ決まりました。

タイトルとURLをコピーしました