福祉タクシーは通院以外にも利用できます。

通院以外、理美容や冠婚葬祭、買い物、退院、転院などが主な利用目的となります。

ホーム >福祉タクシーについて

福祉タクシーについて

介護タクシーの概要でもお話しましたが、私の周辺の事業所でもいわゆる福祉車両(車椅子車両・車イスに乗った状態で移送できる車両または寝台付きの車両)を所有しているところが数事業所あります。

私達はそれを介護タクシー(=通院等乗降介助)と区別するために「福祉タクシー」と呼んでいます。ケアマネージャーが作成するケアプランにはインフォーマルサービスで盛り込まれることもあります。ケアマネージャーも「福祉でお願いします」という依頼をしてきます。

公的な呼び名が決まっていないので、紛らわしい。

福祉タクシーを介護タクシーと呼ぶ場合もある

福祉タクシーは、制度的な呼び名ではありません。介護保険によるタクシーを介護保険タクシーと呼び、介護保険以外を介護タクシーと呼ぶケースもあります。

買い物や旅行もできる、福祉サービス

介護タクシーは訪問介護に含まれるため、自宅において車椅子移乗介助や移動介助を行う必要がありますが、福祉タクシーの利用の場合は、年齢や利用目的に条件がまったくなく、利用者の希望する通りのサービスが可能となっています。

例えば理美容、買い物、旅行、転院、冠婚葬祭といった介護保険では対応できないケースも利用対象になります。

買い物の場合は、カートを押して一緒に買物をする場合もあります。メーターを継続した状態で買い物支援するとメーター値は30分で1,500円位になります。観光旅行の場合は観光スポットや食事処に精通した乗務員兼ヘルパーが普通車両で対応することになります(軽自動車での観光は利用者の負担が大きいため)。

福祉移送利用ケース
その他にはお花見、食事、退院などに利用されるケースが多いです。年に1~2回、お正月やお盆に施設から帰宅する場合に利用される方もいらっしゃいます。
過去の実績で最も長距離だったのが、大阪まで、2番めは横浜でしょうか。ちなみに私の事業所は東北に位置します。
レンタル車椅子

福祉タクシーの料金は全国統一ではない

料金に全国統一の基準はなく、各地域により、更には事業所により料金が異なります。
当事業所の料金体制は以下の通りです。

福祉タクシーは基本的にメーター走行となり、メーター料金プラス特殊車両使用料1,000円(介助料含み)が利用者側の負担となります。

以前は企業イメージの目的もあり、メーター料金のみで対応してきましたが、利用者増加に伴い、車両増加が必要、寝台車両を含めて数台を所有しております。

所有台数が多くなると経費も膨らみ、メーター料金のみでは運営が難しくなり、現在は加算のような形で+1,000円をいただいております。

移乗介助がある無しに関わらず、玄関前にかなりの段差ありスロープの設置に時間を要する、または退院時お部屋まで迎えに行くケースでも1,000円は変わりません(二人体制は別料金)。

車いすレンタル料は一日300円、リクライニング車椅子の場合は一日500円となります。
全国単位では介助内容により詳細に料金を設定している会社、個人事業主もあります。
個人で行っている場合、介護保険より料金を安くしているケースもあります。
ちなみに訪問介護事業所開設には法人格が必要となります。

車両別料金備考
車いす車両メーター+1,000円・当事業所の車いすを使用する場合は1日300円のレンタル料金をいただきます。
・ストレッチャーのレンタルは原則いたしません。
・身障者障害手帳提示による一割引はメーター値に対してのみ適用されます。
寝台車両
(ストレッチャー付)
2割増メーター+4,000円

寝台車両の売り上げは、2人で対応しますので、車椅子車両と比較すると2.5倍ほどになります。

身障者手帳の割引に対応

身障者手帳による割引も対応します。ただしメーター値にのみ対象とするので、例えばメーター1,000の場合、1割引きで900円。その他に特殊車両代として1,000円いただきますので、合計1,900円になります。
時々、40kmほどの遠方に通院する方もいらっしゃいますが、その場合は、通院等乗降介助より福祉タクシーの割引が大きくなってしまうという逆転現象が発生してしまいます。
また観光旅行等には、貸し切り料金の方が安心感はあるかもしれません。私の地域では、市内観光であれば60分あたり5,000円ほどの貸切料金となります。

↑ PAGE TOP