生活保護者は通院以外も使えますか?

車いす生活保護
スポンサーリンク

通院以外も認められる生活保護介護タクシー

生活保護者は買い物や退院にも介護タクシーを利用できますか?

通院以外にも使えるケースがありますが、買い物には利用できません。市町村・担当者により意向が異なりますのでお住いの市町村にお問い合わせください。

介護タクシー利用が認められるケース

生活保護か否かに関わらず、認められるケースです。
ただし、通院以外は移送費(タクシー代)は利用者が負担します(例外有・後出)

  • 通院(制度緩和により2021年4月から、病院間も認められました。それまでは自宅~病院・上院~自宅のみが認められていました)
  • 行政申請手続き
  • 通所介護(デイサービス・デイケア)の見学
  • 選挙投票
  • 入退院(制度緩和により2021年4月から認められました。それまでは通院した結果、入院となった場合のみ認められていました)

通院が95%以上を占めます。

いずれもケアマネジャーが作成するケアプラン及び介護タクシー事業所が作成する訪問介護計画に利用の必要性を盛り込む必要があります。
つまりは必要性が無ければ認められないことになります。

生活保護者特例?

以下は私の市で認められたケース、つまりは通院以外でも移送費(タクシー代)を市町村が負担したケースです。

上記で介護タクシーとして認められても通院以外は移送費は利用者負担であると説明しましたが、極めて例外的なケースととらえています。

  • 入退院
  • 移転(引っ越し)

特に退院については、移送費として認められない方がほとんどですが、認めれる方もいらっしゃるというのが現実です。

移転に関しては、当事業所で見積もりを提出。
それに沿って対応いたしました

原則、通院以外移送費は認められないのですね。

そうですね。市町村が基準を決めますので、市町村に問い合わせしていただき、ご自分の現状をお話ししていただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました