介護タクシーには同乗者が必要ですか?

車いす専用車同乗について
スポンサーリンク

介護タクシーには同乗者が必要か?

最近私も調子が悪くて付き添いができません。介護タクシーには必ず同乗しなければなりませんか?

実は介護タクシーは原則同乗は認められていませんので、同乗していただく必要はございません。

介護保険と介護保険外に分けて説明いたします。

介護タクシー同乗

介護タクシー(通院等乗降介助)は乗務員兼介護員が一人で通院支援全般を行います。

ゆえに同乗は必要ないというよりも、原則認められていません。

同乗が認められる・同乗必要ケース

  • 認知症状が顕著で、移動中(移送中)に暴力や暴言等がある利用者
  • 起き上がり不可・立ち上がり不可・歩行不可で通院の際は車いすを使用。車いす専用車でなければ通院できない利用者
  • 車酔いがひどく、移動中(移送中)に嘔吐が予想される利用者
  • 移動中(移送中)に痰の吸引、酸素吸入、点滴等の医療行為が必要な利用者
  • 主介護者が配偶者で、配偶者も高齢で介護力が弱い利用者
逆に言えば、移動や乗り降りの介助ができる家族やヘルパーなどの関係者は同乗できませんので、介護保険以外のタクシー(一般タクシー)を使っていただくことになります。または介護タクシーを利用、病院で家族やヘルパーに引き継ぐということになります。
以上は20年介護タクシーに携わってきた私の見解ですが、以下のことも承知願います。
  • 保険者(都道府県・市町村)により見解が異なります。
  • 更には担当者により認識が異なります。昨年度の介護保険担当者は認めてくれたのに、今年度の介護担当者は認めない、そんなケースが時々あります。
  • 介護保険法の解釈の問題だと思いますが、拡大解釈するのか、厳しい解釈とするのか、保険者に問い合わせするのもためらってしまいます。

福祉タクシー同乗(介護保険外)

転院や入所の際、車いす専用車・ストレッチャー付き寝台車を利用される場合を想定しています。

同乗する必要が無いケースを想定

以下が想定されます。

  • 転院や入所のケースなので、同乗すると家族の帰りの交通手段が無い。
  • 退院する病院が遠方のため、できれば本人のみ乗車、家族は転院先で待ちたい。⇒様々な理由はあると思いますが、家族も努力してもらいたいところです。
上記同様、移動中(移送中・以下移動中)に異常な言動がある移動中に医療行為が発生する移動中に排泄行為がある移動中に嘔吐する…主に以上の行為がある場合は同乗していただく必要があり、無ければ同乗の必要な無いということになります。
家族は自家用車で後ろをついてきていただければ結構ですが、できれば同乗していただければベストです。

 

ごめんなさい。私は付き添えないのでヘルパーさんにお願いして、病院で待っていてもらいます。

かりこまりました。介護員には受付介助後、院内付き添いのヘルパーさんに引き継ぎいたします。

尚、タクシー会社の介護員がそのまま病院内の介護(付き添い・会計・薬取り・医師からの説明を受ける)に対応する場合もありますが、現状は介護員不足が続いておりますので、院内付き添い専門の事業所が対応するケースが大半(60分3,000円程度と思われます)となっています。

入浴介助や清掃・洗濯等で訪問しているなじみのヘルパーであれば普段の身体状況も把握しており、医療との連携も比較的スムーズに行えると思います。
タイトルとURLをコピーしました