介護タクシーの業務は通院支援です。

車椅子移乗介助の他、移動介助、健康チェック、受付介助などがあり、声がけは最も重要な業務内容のひとつです。

ホーム >介護タクシーの業務内容

業務内容

介護タクシー(=通院等乗降介助)の主な業務は、車椅子移乗、移動、乗降、声がけ、見守りなどの介助です。

介護職員初任者研修の修了者が対応

介護タクシー(=通院等乗降介助)の業務は、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)修了の乗務員が通院のための介助を行うことです。上位資格である1級ヘルパーや介護福祉士などを有する乗務員なら更に安心感を提供できます。

通院等乗降介助の仕事の流れ及び業務内容

訪問介護なので、自宅での介助業務に重点が置かれます。病院受付において来院伝達までが業務範囲となります。

業務内容
更衣介助は上着の着脱や靴の脱ぎ履きの介助です。
排泄介助を含めた下着からの更衣介助の場合は、通院等乗降介助ではなく、身体介護となります。

通院等乗降介助の行き

自宅から病院までの介助の流れです。

  1. 利用者宅において 利用者の了解を得て自宅に入り、利用者の健康状態確認の声がけ・観察(痛みがあるところはないか等、家族・職員がいれば利用者の状態をさらに確認)→利用者のその日の状態は日々変化するので先入観で介助しないこと(指示通りの介助では対応できない場合があります。尚、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などの場合、必ず職員に介助開始の声がけを行うこと)。
  2. 外出準備(上着更衣介助、整容介助、持ち物確認)。
  3. 自宅内移動介助(歩行介助)、声がけして手引き等の一部介助希望があれば対応すること。見守りは常に支えることができる位置態勢をとること。車椅子の利用者についてはベッドからの移乗を行うこと。
  4. 消灯、火気、施錠など確認 乗車介助(自動ドア厳禁) 自宅発(家族・職員に出発の声がけ)。
  5. 移送(利用者のほとんどは腰痛、疼痛、下肢痛のため振動がつらいです。健常者を乗せているような運転は絶対に避けること。尚、移送中は介護保険の対象になりません)。
  6. 病院着 降車介助(自動ドア厳禁) 車椅子移乗が必要な利用者は対応すること。
  7. 院内移動介助(歩行介助)→受付介助→受診科まで移動介助(歩行介助)→受診科担当者に来院の声がけ。
  8. 自己負担支払い 領収書発行。
  9. 利用者に介助終了の声がけ 利用者の状態などで報告事項があったら報告すること。
  10. 介護内容の記録。

通院等乗降介助の帰り

病院から自宅までの介助の流れです。

  1. 病院着 観察・声がけにより歩行者の状態確認 会計、薬取りの確認 済んでいない場合、希望であれば(または打ち合わせ通り)会計介助、薬取り介助を行うこと。
  2. 院内移動介助(歩行介助)。
  3. 乗車介助(自動ドア厳禁) 病院出発。
  4. 移送(利用者のほとんどは腰痛、疼痛、下肢痛のため振動がつらいです。健常者を乗せているような運転は絶対に避けること。尚、移送中は介護保険の対象になりません)。
  5. 自宅着(家族、職員に帰宅の声がけ) 降車介助(自動ドア厳禁)。
  6. 開錠 利用者の了解を得て自宅内に入り、自宅内移動介助(歩行介助) 声がけして手を引く等の一部介助希望・必要があれば対応すること。見守りは常に支えることができる位置態勢をとること。必要であれば点灯、暖房器具等の始動を行うこと。車イスの利用者についてはベッドまでの移乗を行うこと。
  7. 着替え介助。
  8. 自己負担支払い 領収書発行。
  9. 利用者に介護終了の声がけ(家族、職員にも同様の声がけすること)。
  10. 介護内容の記録。

女性高齢者

最も重要なことは「声がけ」であり、「言葉」です。

ベッドから車イスへの移乗、着替え、総合病院における受診科までの移動介助等に時間を要するものは通院等乗降介助の範囲ではないという誤った認識のもとに、介護タクシーをよく理解していないまま経過しました。

経験を積み、介護タクシーの理解が深まったこともあり、上記の介助内容を指示することができました。

介助内容において声がけは最も大事な介助です。言葉により、段差のつまづきなど転倒の危険性が軽減、安心感が増え、利用者との信頼関係も築けます。

↑ PAGE TOP