介護業務

スポンサーリンク
介護業務

介護タクシーの研修

介護タクシーには研修が必要 よりよいサービス提供のため研修が必要。研修には内部研修と外部研修があります。 介護事業所には研修が必須 デイサービス、通所リハビリ、ショートステイ、訪問介護、訪問看護、訪問入浴、訪問リハリビ、特別養護老人ホ...
介護業務

介護タクシーの院内付き添い

病院内介助は原則受け付けまで 介護タクシーの院内の付き添い、会計、薬取りなどは原則自費対応です。 病院内の介助は原則病院側で行うもの 家族がいない、家族が付き添いできない場合、単独で通院せざると得ません。 病院内の介助は病院側で...
介護業務

介護タクシーの車両

介護タクシーの車両タイプ 介護タクシー(=通院等乗降介助)の車両は大きく分けて普通車両、車椅子車両、寝台車両の3種類です。 普通車両、車椅子車両、寝台車両 普通車両 いわゆるセダン型(乗車のスペースと荷物のスペースが分かれている)、...
介護業務

介護タクシーの事故

介護事故には迅速な対応が必要 事故発生時の対応優先順位は緊急自動車の手配、家族・関係者への連絡、その後謝罪、損害賠償となります。 事故対応は利用者優先、判断がつかない場合、迷った場合は緊急自動車をお願いしましょう。 この程度で救急...
介護業務

介護タクシーの苦情

介護タクシーの苦情内容は様々 介護員によって介助内容や雰囲気に差があるのも要因です。 苦情の改善に努めるものの苦情の原因である介護員の態度及び醸し出す雰囲気は、なかなか直りません。 苦情は減らない 様々な職種で苦情はありますが、サー...
介護業務

サービス提供時間

サービス提供時間=診療時間 早朝や夜間、深夜の対応は想定していません。 サービス提供時間帯は原則日中 介護タクシー(=通院等乗降介助)のサービス提供時間は、おおよそ8時頃から遅くても18時頃までとなります。早朝・夜間の対応は、職員不足...
介護業務

タクシー助成券と身障者手帳割引

介護タクシーには助成券が使えます。 市町村単位で、タクシー助成券という対象本人が乗車時に使用できるチケットがあります。 介護負担分以外の移送費に充当可能です。 これは地域や事業所により扱いが異なり、介護負担分にも充当できる事業...
介護業務

支払いと法定代理受領サービス

介護タクシーの支払い方法 その場で現金払い、未収(集金・持ち込み・引き落とし)、振込などがあります。 介護タクシーの支払い ほとんどの利用者がその場で現金払いを希望されますが、利用回数の多い方は未収にさせていただき、月で締めて、まとめ...
介護業務

福祉用具の活用

介護タクシーには福祉用具の活用が必須 介護タクシーと関係が強い用具は、杖、車椅子、ベッド、スロープ、歩行器、手すりなどです。 安全安楽な移動・移乗のため福祉用具活用が重要 福祉用具は利用者本人にとって、かつ介助者にとって有益な社会資源...
介護業務

介護タクシーの料金体制

介護タクシー支払い額は介護保険負担額+運賃 介護保険負担額は1割負担、2割負担、3割負担、負担無し(生活保護・減免など)の方が存在します。 介護タクシー(=通院等乗降介助)には保険負担の他に運賃が必要 通院等乗降介助は移送を伴う介護で...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました